クレジットカードは比較が大事|一枚で何役もこなすカードMAN

お金

計算の必要性

カード

限度額が多いカードローンも返済の時に元金と利息の合計を知ることで、返済計画に役立てることができます。また、年間どのくらいの金利を支払っているのかを知る金利計算法もネットで公開されているので、把握するためにもカードローン使用前に計算をしていきましょう。計算方法は至ってシンプルです。利息=元金×金利×借入の期間を出すことで金利の数字を出すことができます。例えば、元金が数十万円の場合、一ヶ月で返済を済ませると、金利が18%の場合一ヶ月に取られる金利は合計で9000円程になります。これが元金を30万円に設定した時の金利計算方法で、カードローンの場合、キャッシングよりも高額借入ができるため、返済に長期間使ってしまうと金利が高くなってしまいます。金利計算をすることで、借入期間がどれほど金利を安くしてくれるかが見えてくるので、始めにやっておきたい作業になるのです。

カードローンを利用する場合は、返済計画もしっかり練らなければいけません。場合によっては金利が高くなる可能性があり、計画的に返済ができなくなります。金利も高くなるだけですから、金利計算での見直しと繰り上げ返済を使っていきながら短期間での返済を目指す必要があります。しかし、短期間でカードローンの借入額を返済してしまうと一度に返す額が高くなってしまうため、生活に支障をきたす恐れがあります。そのため、上手にやりくりを行なう場合は、余裕を持ちながら繰り上げ返済を取り入れていくことがもっとも大事になってくるのです。最近は無利息でお得に借入ができるキャンペーンもありますから、積極的に使っていきましょう。